【会津若松 保険】最新ニュース「現役時代から計画的な資産運用を」《ドン・キホーテ会津若松店(旧アピタ会津若松店)》

更新日  2021/11/29

老後破産を回避するためには、現役時代から老後を見据えた計画的な資産運用をすることが肝心です。

〇年齢が上がるにつれてリスクを限定していく

30代、40代、50代と年齢が上がるに連れて、手元にある資金は、老後の生活資金の蓄えとしての性格を強めていきます。つまり、年齢が上がれば上がるほど、手元の資金を失うことのリスクは大きくなります。この点を考慮して、資産運用の方針も年齢にともない少しずつ見直していく必要があります。たとえば30代のうちは株式・不動産などを中心に積極的な資産運用していたとしましょう。しかし、積極的な資産運用は資産が減ってしまうリスクと表裏一体です。そのため、40代、50代と年齢が上がることに伴い、債券中心にして投資リスクを限定していくのも良いと思います。

〇住宅ローンを組む場合はしっかり返済の見通しを立てる

住宅ローンは長期間の返済を前提として組まれます。そのため、現役時代に住宅ローンを組む場合は、返済負担が老後の生活を圧迫しないか、きちんとシミュレーションをしておくことが重要です。

〇資金計画にはある程度余裕を持っておく

人間の寿命は予測できませんし、また老後は医療費を中心として予期せぬ出費が発生する場合もあります。つまり、老後にどの程度の資金が必要になるかについては、正確なところは誰にもわからないのです。そのため、長生きした際の生活費や、予定外の出費などにも対応できるよう、余裕を持った老後の資金計画を練っておく必要があると思います。

計画的な資産運用は「みんなの保険屋さん」まで!

下記ボタンよりお進み頂くとご予約が可能です。

ドン・キホーテ会津若松店(旧アピタ会津若松店) 竹内

バナー画像