【会津若松 保険】最新ニュース「生命保険の種類」《ドン・キホーテ会津若松店(旧アピタ会津若松店)》

更新日  2021/12/01

保険には様々な種類が存在します。

例えば単に生命保険といっても、期間が決まっている定期なのか、一生涯の終身なのか、

また死亡保障のみではなく死亡保障+積立機能、死亡保障+三大疾病、死亡保障+介護状態など

死亡時の備えと同時に大きな病気や介護状態に対する備えも対象とすることもできます。

そして掛け捨てで割安な商品や、貯蓄性のある商品、円、米ドル、豪ドルなどの商品もあります。

これらはどれが正解という事もなく、一人一人の将来に適した商品を選び、設計することが重要です。

平均寿命の延びや、少子高齢化社会、これからの日本経済、老後の資金計画などを考えると、

死亡保障のみではなく、保障性もありつつお金を運用できる商品が人気となっています。

詳しくは当店「みんなの保険屋さん」までお気軽にお問合せ下さい。

ドン・キホーテ会津若松店(旧アピタ会津若松店) 阿部バナー画像

 

【福島 保険】最新ニュース「年金」《イオン福島店》

更新日  2021/11/30

今日は「年金の日」です。

老後2000万円問題が話題になりましたが

実際には高齢夫婦無職世帯の平均の収支から算出されたものなので

すべての年金生活者にあてはまるというわけではありません。

毎年誕生月になると「年金定期便」が届きますが

毎月納めている年金から将来受け取れる年金額が記載されています。

それを基に不足するであろう部分を貯蓄やiDeCo、個人年金などで準備しておくのが一番です。

老後を不安なく過ごすために今のうちに準備しておきましょう。

個人年金保険や資産運用などのご相談も承っています。

ぜひみんなの保険屋さんまでご相談ください。

イオン福島店 渡部

バナー画像

 

【郡山 保険】最新ニュース「保険の見直し」《郡山フェスタ店》

更新日  2021/11/29

保険を見直したほうがいいのはどんな時でしょうか?
一般的には人生の節目など、新たなライフイベントが訪れる時に
保障の必要性が変わりやすいものです。
結婚した時や子供の誕生、マイホーム購入、子供の独立、
定年などイベントが訪れる時に見直してみる事をお勧めします。
また保険を見直すことで最適かつ無駄のない保障内容にすることが
可能となります。
ライフイベントに合わせて生命保険のメンテナンスを
検討してみてください。
みんなの保険屋さんでは、保険の見直しだけでなく
お金に関するご相談も承っておりますので
ぜひ、ご相談下さい。
郡山フェスタ店 生方

バナー画像

【会津若松 保険】最新ニュース「電気代値上げ対策」《ドン・キホーテ会津若松店(旧アピタ会津若松店)》

更新日  2021/11/28

燃料費の高騰により、来月1月の電気料金の値上がりが発表されました。

今年はラニーニャ現象により例年より寒さが続く予報で、尚更光熱費に気をつける必要があります。

エコな防寒対策として、ヒートテックなどの保温効果に優れたインナーを着る事、厚手の靴下を履く事、

首元を温める事、湿度を上げる事、隙間風が入らないようにテープで塞ぐことなどがあげられます。

上記の対策を取りつつ、健康には気をつけて今年の冬を乗り切りたいですね。

当店「みんなの保険屋さん」では固定費の値上がりによる家計のご相談や、保険の見直しなど

多岐にわたって様々なご相談が可能です。お気軽にお問合せ下さい。

ドン・キホーテ会津若松店(旧アピタ会津若松店) 阿部

バナー画像

【郡山 保険】最新ニュース「遺族年金、夫は受け取れるのか」《郡山フェスタ店》

更新日  2021/11/28

先日、お客様から「私(妻)に万一があった場合、旦那は遺族年金を受け取れますか」
という質問がございました。

平成26年4月からは、妻が死亡し夫と子どもが残された場合にも男女の
区別なく同じように遺族基礎年金が受取れるようになりました。

受取るためには、以下の条件を満たす必要があります。

○妻の死亡が2014年4月以降の場合に限られます。
○子どものいない夫も受給できますが、年齢条件があります。
遺族厚生年金は、妻の死亡時に55歳以上の夫に支給されますが60歳までは支給停止です。
ただし、遺族基礎年金を受取れる夫(子どもがいる夫)で妻の死亡時に55歳以上の場合は、
60歳前でも遺族厚生年金を受取れる。
○妻の死亡時に55歳未満の夫は遺族厚生年金は受取れませんが、その子どもが遺族厚生年金を
受取れます。

※子どもとは、18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子ども、
または20歳未満で1,2級の障害状態にある子ども。

ということで、教育費がかさむ世代にとってはあまり助けにならないということになります。
遺族年金は生活資金であり、進学のための資金ではありません。

そこで大事になるのが生命保険です。
保険の相談は、「みんなの保険屋さん」で。

郡山フェスタ店 今泉

バナー画像