【会津若松 保険】最新ニュース「皐月の花言葉は”節制”」《ドン・キホーテ会津若松店(旧アピタ会津若松店)》

更新日  2022/05/19

本日、5月19日の花は皐月と制定されていますがご存じでしたか?

そして皐月の花言葉は「節制」だそうです。

度を越さないように控えめにすること、程よくすること

規律正しく統制のとれていること

 

一見馴染みのない言葉にも思えますが、意味を知ると生活に身近であると分かりますね。

生活において、特に健康面では食生活や運動、生活習慣などで当てはまるかと思います。

何事も度を過ぎることなく、規則正しく一日を過ごすことが健康への第一歩ですよね。

 

ちなみに「節制」は保険においても当てはまる様に思います。

保険の保障内容も厚くすればいいというものではありません。

ご自身のリスクにしっかり噛み合った備え方をしなければ保険料の負担も過大となってしまう可能性があります。

度を越してはいけないという事ですね。

 

もし、入っている保険内容に不安がある、入りたいけど選び方が分からない、

といった悩みがあれば是非!みんなの保険屋さんにご相談、ご依頼下さい!

お客様の不安へ一緒に向き合い、解決に導くお手伝いをします!

下記”お問い合せ”からご予約頂ければ確実にご相談が可能です。

ご来店お待ちしております。

ドン・キホーテ会津若松店(旧アピタ会津若松店) 星

バナー画像

 

 

【福島 保険】最新ニュース「預金金利を上げるコツは?」《イオン福島店》

更新日  2022/05/16

ただ預金金利が低いということを嘆いていても仕方ありません。預金金利は確かに低いのですが、その中でもより高い預金金利にする方法があります。

たとえば、銀行各社が実施しているキャンペーンやプログラムに参加することで預金金利を引き上げることができる場合があります。

あるネット銀行ならグループ会社である証券会社の口座を開設することによって預金金利を何倍にも引き上げることができますし、ある銀行ではクレジットカードを作ることで預金金利を引き上げることができたりもします。

仮に投資を始めようと証券口座を作る機会があればそういうキャンペーンを利用してもいいですし、そのほかの条件次第ではありますがクレジットカードを切り替えるというのも検討してもいいかも知れません。

お金の相談ならFPが常駐する「みんなの保険屋さん」まで!!

 

イオン福島店 竹内

 

バナー画像

【イオンタウン 郡山 保険】最新ニュース「三大疾病」

更新日  2022/05/16

代表的な病気の三大疾病は日本人の死因上位3位である「がん・心疾患・脳血管疾患」の3つの病気のことです。

特にがんは、生涯に1.8人に1人の確率と言われるほど身近な病気になり始めています。

この三大疾病の保障を手厚くした保険商品は数多く存在しますが、保険会社毎・商品毎に保障の範囲や条件は異なります。

例えば、がんの場合、悪性のみ保障するケースや上皮内(初期がん)は半額保障などがあります。

心疾患や脳血管疾患の場合、急性心筋梗塞・脳卒中のみ保障するケースやこれら以外の狭心症や脳動脈炎、脳梗塞の後遺症なども保障してくれるケースなど様々です。

保障を広げると保険料は相対的に高くなりがちですが、保障を削りすぎても保険としての加入意義が無くなってしまいます。現在では、三大疾病のみに特化した保険商品もあります。

保障と保険料のバランスが重要です。今の自分に合った保険選びをしてみませんか?

詳しい生命保険のご相談は「みんなの保険屋さん」までぜひお越しください。

バナー画像

【福島 保険】最新ニュース「積立投資のメリットとは」《イオン福島店》

更新日  2022/05/14

そもそも、積立投資とはどのようなものなのでしょうか。一言でいえば、毎月、毎週など決まったタイミングで、自分が決めた一定の金額を投資するやり方のことを言います。「積立貯金」のように預貯金を自分の口座で毎月自動的に積み立てる仕組みもありますが、「積立投資」もほぼ同じです。

では、積立投資のメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

よく言われるのは、次のような点です。

「毎月忘れずに投資が続けられる」
「買うタイミングを気にしないで、投資ができる」
「ドルコスト平均法を活用できる」

などあります。

確かに、自動的に購入をしてくれるのであれば、「今月は投資をし忘れた」ということもなくなるでしょう。また、「買うタイミングを考え込んでしまって、結局見逃してしまった」ということもなくなるでしょう。こうした点は、まさに積立投資ならではのメリットといえるかもしれません。

資産運用のご相談は「みんなの保険屋さん」まで!!

 

イオン福島店 竹内

バナー画像

【イオンタウン 郡山 保険】最新ニュース「要介護の前段階、フレイルとは」

更新日  2022/05/13

フレイルとは、要介護状態になる前段階を指します。

年を取って身体や心の動き、社会的つながりが弱くなった状態です。

フレイルをそのまま放置すると要介護状態になる可能性があるため、早めに気付いて予防することが大切です。

おいしいものが食べられない、何をするのも面倒、病気でもないのに体重が減ったといった傾向は要注意です。

高齢期のやせは、肥満よりも死亡率が高まるためメタボ対策よりも重要になります。

 

フレイル予防は「たくさん食べて、たくさん笑って、たくさん出かける」ことが望ましいとされています。

バランスの取れた食事と口腔ケア(口のトラブルは食事を遠ざけます)

ウォーキングやストレッチなどの身体活動

趣味やボランティア、就労などの社会参加

これらを毎日の生活に取り入れる事が、健康の秘訣です。

周囲にいる家族も高齢者を気にかけ、声がけをしてあげましょう。

 

万が一介護状態になってしまった際には、介護保険があると金銭的な助けになります。

公的な補助を最大限活用したとしても毎年30万前後の自己負担が発生します。

病気やケガと違い、介護は長く金銭的負担が続きます。

家族へ負担をかけないためにも早め早めの対策をしましょう!

 

みんなの保険屋さんでは介護保険も複数取り扱っております。

ぜひご相談ください。

イオンタウン郡山店 吉田

バナー画像