イオンタウン郡山店

  • 店長あいさつ
    郡山市のイオンタウン郡山店内にあるお店です。
    郡山駅の近くにありとても便利です。豊富な保険種類から生命保険・損害保険の無料相談や見直しが出来、住宅ローン相談・資産運用相談・ライフプラン等と様々なご相談を承っています。キッズスペースも完備していますので、お子様連れでも安心。
    福島県内のご相談実績20,000組以上と高い信頼実績なので安心してご相談下さい。駐車場も広く、駅前まで行かなくても困らないお店です。

店舗写真

スタッフ写真

店舗情報

営業時間
10:00〜20:00
住  所
福島県郡山市松木町2-88 イオンタウンショッピングセンター内
電話番号
024-941-1352

【イオンタウン 郡山 保険】最新ニュース「火災保険(地震保険)の上乗せ」

更新日  2022/07/04

福島県では毎年のように大きな地震があり、地震保険の補償をもっと充実させたいとお考えの方もいるのではないでしょうか?

一般的には、地震保険の保険金額は、最大で火災保険金額の50%となっています。

地震等を原因とする場合は、立て直しをしようとしても半分は自己負担に

なってしまいます。

その自己負担分もカバーしてくれるのが「地震危険等上乗せ特約」です。

地震により、建物が全壊してしまった場合でも、地震保険金額とあわせて、

最大で火災保険金額の100%まで補償してもらうことができます。

ただし、いくつかの条件があり上乗せ分の保険料も当然発生します。

補償と保険料のバランスを考えながら現在加入中の火災保険を一度見直してみることをお勧めします。

まずは「みんなの保険屋さん」までお気軽にご相談ください。

イオンタウン郡山店 窓岩

バナー画像

【イオンタウン 郡山 保険】最新ニュース「ハザードマップをご確認ください」

更新日  2022/07/03

ここ数年、7月は水害が多発しています。

洪水や川の氾濫、土砂災害などがどのくらいの確率で発生するか、どの程度の被害が出るかを表したハザードマップというものがあります。

各自治体で発行しており、誰でも無料で閲覧する事ができます。 ※郡山市のハザードマップ

皆さんは、自宅のハザードマップを確認していますか?

ほとんどの人が何らかの火災保険に加入していると思いますが、ハザードマップを反映させた補償内容になっているでしょうか。

水害リスクが高いエリアなのに水災補償がついていない、あるいはまったくリスクが無いのについていませんか?

自然災害のシーズンが本格化する前に、一度補償内容をご確認ください。

 

みんなの保険屋さんでは、補償内容の診断も無料で行っております。

証券の見方が分からない方、補償内容に不安がある方はぜひ一度証券をご持参ください。

イオンタウン郡山店 吉田

バナー画像

【イオンタウン 郡山 保険】 最新ニュース 「怪我に備えてますか?」

更新日  2022/06/30

明日から7月ですね。

7月1日は海開きです。

コロナで中々海にも行けず過ごした方も多いかと思います。

海開きの時に必ずニュースになるのが『海の事故』です。

ケガや病院へ運ばれる方も多くいらっしゃいます。

その中でもケガの保険「傷害保険」に加入してますか?

スポーツをするときはしっかり傷害保険に加入しましょう。

どの保険会社でどのような保険がいいのか?「みんなの保険屋さん」で相談してみませんか?

各社見積りし最適な内容と保険料をご相談しましょう。

是非「みんなの保険屋さん」にお買い物の際にご来店お待ちしております。

 

イオンタウン郡山店 大竹

 

バナー画像

【イオンタウン 郡山 保険】最新ニュース「教育資金に対する備え」

更新日  2022/06/26

子どもの教育資金、大学などの進学のための資金準備方法として

銀行貯金、学資保険への加入などがあげられます。

小学生から社会人になるまでの教育資金の平均金額は一人あたり1,200万円

と高額となり、早くからコツコツと積み立てていく必要があります。

ではそれぞれのパターンで貯めた場合にはどうなるでしょうか。

まず銀行口座へ貯金だと、今の普通預金の金利は0.001%ですので、

100万円を1年預けて10円増える計算となります。

100万円、1年で10円…学資保険は期間が決められていますから、貯金という観点からあまり意味のないとも言えます。

次に学資保険に加入した場合です。

こちらも低金利の影響を受けますので、期間が十分にない場合には、元本割れを起こす事があります。

どちらも貯金するという目的なのに元本割れなどでお金が減ってしまうというのは…と思う方もいらっしゃると思います。

ではどうやって教育資金を貯めていくのかよいのか、どうお金を増やすのがよいのかですが

解決方法のひとつとして、終身保険を活用する方法があります。

その中には日本の低金利というデメリットを緩和できる、米ドル建ての終身保険もあります。

自分はどの保険があっているのか、などFPの資格を持ったスタッフが対応させていただきます。

その他の保険のご相談も取り扱いございますので当店「みんなの保険屋さん」へお問い合わせください。

イオンタウン郡山店 佐藤

バナー画像

【イオンタウン 郡山 保険】最新ニュース「インフレとは?」

更新日  2022/06/26

「インフレーション(インフレ)」とは物価が上がり続けて、お金の価値が下がり続けることです。

メリット・デメリットの両方を確認しておきましょう。

インフレは、好況下でモノやサービスに対する需要が増加し、供給を上回るっことで発生します。
モノの価格が上がっていくため、消費者は買い物を先延ばしにせず「安いうちに買おう」という心理が働きます。
そうして消費が活発になればなるほど、企業は売上が増えるため利益の改善が見込まれ、従業員の給料・賃金も上がるなど、社会経済にお金が循環して景気は上昇します。
これだけ聞くとインフレは良い面が大きいように感じますが、もちろんデメリットもあります。それは「お金の価値が下がる(一定の資産が目減りする)」ということです。
例えば、200万円の車を購入するために200万円貯めたとしても、インフレによって車の値段が300万円に上がってしまえばその車を買えませんよね?
気づいていない人もいるかもしれませんが、身近なコンビニのおにぎりも100円で買うことが出来ていたものが、今は120~150円くらいにまで値段が上昇しているため、給料がここ30年程度変わっていない日本において、まさにお金の価値が下がってしまっているということです。
これをインフレリスクといい、特に現金や固定金利の定期預金、債券などはインフレリスクに弱い側面を持っているので、きちんと理解しておくことが重要です。
反対に、株式などはインフレリスクに強い(リターンを求めやすくなる)側面を持っているため、通貨や資産を分散することでご自身の資産を守ることにつながります。
当社「みんなの保険屋さん」では、FP資格を持ったスタッフが生命保険以外にもお金全般に関するアドバイスを提供しております。
資産運用・税金・住宅ローンのご相談まで幅広く承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
イオンタウン郡山店 窓岩
バナー画像

郡山市 自治体情報

2021年1月現在

郡山市保険制度のご案内

~ご相談ついでに立ち寄れるお店を紹介します~

☆イオンタウン郡山の店舗案内

*番号はイオンタウン郡山のフロアガイドとリンクしておりますので下記を参照下さい。

フロアーのご案内