郡山フェスタ店

  • 店長あいさつ
    みんなの保険屋さん公式HPをご覧いただきありがとうございます。
    郡山市日和田町のショッピングモールフェスタ店内にあるお店です。皆様に愛され続け、おかげ様で10年以上になりました。「初めての保険、何に入っておけば安心?」や「持病でがあっても加入できる保険は?」などいろんな疑問を一緒に解決できたらと思っています。
    まずは、お気軽にご来店ください。

店舗写真

スタッフ写真

店舗情報

営業時間
10:00〜21:00
住  所
福島県郡山市日和田町字小原1 日和田ショッピングモールフェスタ1階
電話番号
024-958-1353

【郡山 保険】最新ニュース「お金に働いてもらいましょう!」《郡山フェスタ店》

更新日  2022/05/26

以前から言われている老後の不安に加えて、食料品や日用品、電気料金などが値上げされています。値上げによる影響をじわじわと感じ、節約や貯蓄について考える機会も増えたのではないでしょうか。

貯蓄にはその時代の景気や金利、また退職金や相続資産などさまざまなものが影響します。

ただ、今ある収入の中で貯蓄する方法をシンプルに考えれば、毎月の収入から支出を引き、残ったものが貯蓄になります。

さまざまなものの値上がりが進み、今後の動向はまだわからないため、現段階では不安も感じるでしょう。今すぐにできることといえば支出を減らす工夫(固定費の見直しやポイ活など)をしたり、長期的に収入を増やす方法を考えることです。

支出を減らすことも大切ですが、収入を増やすことも大きく家計へ影響します。副業やスキルアップをしたり、また資産運用でお金に働いてもらうのも一つの選択肢です。 このような状況だからこそ、お金に関してできる工夫を考えてみましょう。

「みんなの保険屋さん」では資産運用のご相談を受け付けております。

ぜひご相談ください。

郡山フェスタ店 小川

バナー画像

【郡山 保険】最新ニュース「火災保険」《郡山フェスタ店》

更新日  2022/05/22

火災保険の特約に「建物電気的・機械的事故特約」というのがあることを

ご存じでしょうか。

オール電化住宅はもちろんですが、一般住宅でも空調設備や電気設備を設置

するご家庭が多いと思います。そこで、必要になるのが今回の特約です。

保険の対象は、建物に付加された空調設備、電気設備、給排水、衛生設備、

消火設備、昇降設備、厨房機械設備、駐車機械設備などについて、電気的・

機械的事故(ショート、アーク、スパーク、過電流、機械の内的要因による

焼付けなど)により損害が生じた場合に補償する特約です。

保険会社によって免責(自己負担)があります。

但し、自然の消耗、劣化等による損害に対しては対象外です。

 

これからの時期、暑くなると空調設備に負担がかかりやすくなります。

火災保険をご検討の方、見直しを考えている方は是非、予約なしで相談ができる

「みんなの保険屋さん」にご来店ください。

 

郡山フェスタ店 今泉

バナー画像

【郡山 保険】最新ニュース「今週末はフェスタ店へ」《郡山フェスタ店》

更新日  2022/05/19

5月21日(土)・22日(日)の2日間はフェスタ店へ!!!

バルーンアートの体験会を開催します。

開催の時間は

11:00~12:00

14:00~15:00の2回です。

私たちスタッフも初心者ですので一緒に楽しく作っていきましょう。

上手に作れなくても大丈夫!

プレゼントのバルーンアートもありますのでお好きなのをプレゼントいたします!!

遊びに来てくださいね。

お待ちしております。

郡山フェスタ店 小川

バナー画像

【郡山 保険】最新ニュース「世界禁煙デー」《郡山フェスタ店》

更新日  2022/05/16

5月31日は世界禁煙デーです。
わざわざ「世界禁煙デー」という日が設けられるのにはそれなりの
理由があります。
たばこそのものには約3,000種類、
たばこの煙には約4,000種類もの大量の化学物質が含まれています。
そしてこの化学物質は、毒性や発がん性を持っています。
たばこの害は喫煙者だけでなく周囲の人にまで及びます。
喫煙者の吐く煙や、たばこから立ち上る「副流煙」を
吸い続けていることを「受動喫煙」といい、
肺がんや心筋梗塞のリスクが高まります。
「世界禁煙デー」をきっかけに、
大切な人をたばこの煙から守るために
禁煙や受動喫煙防止に取り組んでみませんか?
また保険にもたばこを吸っていないと
割安になる商品などがありますので
ぜひ「みんなの保険屋さん」までお気軽にご相談下さい!
郡山フェスタ店 生方

バナー画像

【郡山 保険】最新ニュース「介護サービスの流れ」《郡山フェスタ店》

更新日  2022/05/15

公的介護保険とは、市町村が保険者となって運営する社会保険制度です。

介護サービスそのものが提供される制度で、お金を受取るわけではありません。

いわゆる現物給付が原則です。

対象となるのは、40歳以上の人が加入し、被保険者は年齢によって2種類に分けられます。

又、保険料の決め方や納付方法、制度を利用できる条件が異なります。

〇第1号被保険者(65歳以上)

要介護状態になった原因を問わずサービスを利用できます。

〇第2号被保険者(40歳~64歳)

要介護になった原因が事故などのケガによって介護が必要になっても介護保険は利用できません。

では、どのような原因が利用できるのでしょうか。

①がん(自宅等で療養中のがん末期)②関節リウマチ③筋萎縮性側索硬化症(ALS)等を含む

16種類の特定疾病に限り、介護サービスを利用できます。

(他の特定疾病については、厚生労働省のホームページで確認してください。)

つまり、40歳になり保険料を納めることになっても64歳以下は、事故などのケガによって介護が必要になっても

介護保険のサービスは利用できません。そこで必要になってくるのが、就業不能状態をカバーする保険です。

介護保険・就業不能保険等のご相談は「みんなの保険屋さん」で。

 

郡山フェスタ店 今泉

バナー画像

郡山市 自治体情報

2021年1月現在

郡山市保険制度のご案内

~ご相談ついでに立ち寄れるお店を紹介します~

☆ショッピングモールフェスタの店舗案内

*番号はショッピングモールフェスタのフロアガイドとリンクしておりますので下記を参照下さい。

フロアーのご案内