【イオンタウン 郡山 保険】最新ニュース 「入院短期化に対する備え」

更新日  2022/09/20

日本の入院日数は平成に入ってからどんどん短くなり、2017年の平均入院日数は29.3日で

2014年に比べて、2.6日も短くなっています。

それに伴い現在の医療保険の限度日数も60日が主流となっています。

また、入院短期化に対する備えとして、入院一時金という特約を付加される方が増えてきました。

入院一時金というのは、1日でも入院すれば10万円といったまとまったお金を受けとることが出来ます。

これを付けることによって、治療費のみならず、療養中に減ってしまった給料の補填にも使う事が出来ます。

加入中の保険に不安を感じる方、一度見直しをおすすめします。

保険の見直し・相談は是非一度「みんなの保険屋さん」までお越しください。

イオンタウン郡山店 佐藤top_bnr_hoken_03