【福島 保険】最新ニュース「お金が貯まる人の3つの方法」《イオン福島店》

更新日  2022/05/09

・「収入」ー「支出」=「貯蓄」

これはよく目にすると思いますが、入ってきたもの(収入)から出て行くもの(支出)を引いたものが残り(貯蓄)になるので、貯蓄を増やすためには、①収入を増やすこと、あるいは②支出を減らすことしかないと良く言われます。では、収入をなるべく増やせばいいのでしょうか?昨今では、副業あるいは兼業などで収入を底上げしたり、共働きにより家計全体での収入を上げているという方はたくさんいると思います。
ですが、必ずしもそうではありません。

皆さんは「パーキンソンの法則」というものをご存知でしょうか。
簡単に言ってしまうと、程度はそれぞれですが、「いくら収入が増えても、支出は収入の額に達するまで膨張する」という考え方です。
例えば、給料が増えたらいいマンションに引っ越したり、お金の使い方が派手になったりするケースが増えるというのは何となくイメージできるのではないでしょうか。しかも、一度上げた生活水準はなかなか下げることができないというのも何となく想像しやすいと思います。
支出は収入とともに増えていく傾向があるということを理解した上で考える順番を変えましょう

・「収入」ー「貯蓄」=「支出」
つまり、「お金を使ったあとに残りを貯金するのではなく、貯蓄した後で残った分を使う」というように、貯蓄⇒支出の順番で考えることが大切です。まずは現在の収入において、貯蓄できる状態にするというのが最初に取り組むことになります。
現在の収入からどのくらいの貯蓄を作れるかを考える際、一つの目安が以下の考え方です。
固定費:4割、変動費:4割、貯蓄:2割
つまり、収入の2割くらいは先にとっておこうということになります。もちろん、単身世帯や共働き世帯、子育て世帯かどうかによって状況は異なると思いますので、あくまでも一つの目安としてみていただければと思います。

お金のご相談はファイナンシャルプランナーが常駐する「みんなの保険屋さん」まで!!

イオン福島店 竹内

バナー画像