【福島 保険】最新ニュース「上皮内がん」《イオン福島店》

更新日  2022/02/18

最近のがん保険やがんの保障では「悪性新生物」と「上皮内がん」が

保障の対象になっているのがほとんどです。

まず上皮とは臓器や粘膜や皮膚をおおっている表明の浅い部分のことです。

その上皮部分にとどまっている細胞が悪性化し進行すると悪性新生物となります。

上皮内がんは悪性新生物になる手前の状態で転移の可能性がありません。

なので上皮内がんの状態で発見され手術でその部分を取ると再発・転移の可能性もないといわれています。

最近では定期的な検診や実費でのがん検査などで比較的早い段階でがんを発見されるかたも多くいます。

昔のままのがん保険では「悪性新生物」でないと保障の対象にならない場合もあります。

保険料が安いから加入を続けていてもいざというとき受け取れないのであれば意味がありません。

がんは2人に1人はなるといわれており、部位や進行度により治療費も様々です。

いざというときのためにがん保険の見直しや加入を考えましょう。

保険の相談はみんなの保険屋さんまでお越しください。

イオン福島店 渡部

バナー画像