夏場の脳梗塞に注意

更新日  2020/08/23

夏場は、熱中症とともに脳梗塞への注意が必要です。

脳の疾患は、寒い冬場に多いという印象がありますが、

脳梗塞に限って言うと実は夏場に多発し、冬よりも患者数が多いというデータがあります。

原因としては、暑さや湿気で汗をかき、体の中が水分不足になりやすいという事。

汗で体内の水分が大量に外へ出ていくと、血液がドロドロの状態になってしまい、

流れにくくなることで血管が詰まりやすくなります。

脱水が引き金にな脳梗塞は、高齢者や生活習慣病の人だけでなく、

条件が揃うと健康な人であっても発症します。

特に注意が必要な時間帯は、「睡眠中」と「朝の起床後2時間以内」です。

水分が補給できない睡眠中に汗をかき、脱水症状になったところで起床直後に血圧が上がるため

脳梗塞を引き起こしやすくなってしまいます。

予防としては、就寝前と起床後にコップ1杯の水を飲むことを習慣にしましょう。

脳梗塞の治療は時間との勝負です。

片目が見えにくくなったり、物が二重に見えたり、

ろれつが回らない、言葉が出にくい、片方の手足に力が入らない、などの

兆候を知っておき、おかしいと思ったらすぐに救急車で医療機関に向かってください。

体を動かすことで症状が悪化するリスクがありますので、

医療機関へは必ず救急車を利用してください。

保険のご相談は「みんなの保険屋さん」まで。

 

アピタ会津若松店 高久

医療・がん保険に特化した専門サイトがオープン!

福島での医療・がん保険相談なら、福島 医療・がん.com

https://fukushima-hoken.com