糖質制限ダイエットの向き不向き

更新日  2020/08/09

依然として人気の糖質制限ダイエットですが、

もともとは、肥満や糖尿病の人のための治療法として始まりました。

糖質制限をして減量に成功し喜ぶ人もいますが、

挫折してリバウンドしたり、逆に太ってしまった・・・という話も。

糖質制限ダイエットは、

簡単に実践できて、栄養のバランスを取りやすかったり再挑戦しやすかったりします。

満腹感が長時間続き、あまりストレスを感じないのもメリットのひとつです。

一方で、お肉はいくら食べてもいい!と勘違いしている人や、

野菜をさほど食べない人も中にはいます。

肉類でも、揚げ物をたくさん食べてしまうと、たんぱく質と一緒に脂肪を過剰に摂ってしまいます。

糖質制限ダイエットをして逆に太ったという方はこのパターン!

また、野菜を少量しか摂らずにいると食物繊維が不足して便秘がちになり、

冷え性やめまいなどの体調不良や美容面でのダメージが・・・

さらに、向き不向きなタイプがあることを知ることも重要です。

普段、糖質を多く摂りすぎている人や血糖値が高めの人は

この糖質制限ダイエットに向いていますが、

もともとご飯や麺類をあまり食べない人や甘い間食をしない人には向いていません。

まずは、自分の食事内容を客観的に分析してからスタートすることをオススメします☆

生活習慣病が心配な方は、こういった予防をしながら

万が一なってしまった時のために保険で備えましょう!

保険のご相談は「みんなの保険屋さん」まで!

 

アピタ会津若松店 高久

医療・がん保険に特化した専門サイトがオープン!

福島での医療・がん保険相談なら、福島 医療・がん.com

https://fukushima-hoken.com