【イオンタウン 郡山 保険】最新ニュース「貯蓄で気を付けなければいけない〇〇〇〇率」

更新日  2022/01/07

健康で長生きする事は喜ばしい事ですが、

人生100年時代、老後2000万問題など長生きする事そのもののリスクも問題視されています。

老後2000万問題とは、無職の高齢夫婦が豊かな暮らしを30年するためには、2000万の貯蓄が必要だとする金融庁の報告書が発端です。

様々な議論がされ、中には2000万不足するというのは根拠がない、豊かな生活というより贅沢しすぎだ、と反論の声もありました。

2020年の家計調査を基に計算すると、30年間での不足額は55万円で、そこまで不足は発生していません。

 

しかし、この反論には大きな落とし穴があります。それはインフレ率です。

インフレとは物価が上昇する事です。言い方を変えると物の価値に対して、お金の価値が下がる事です。

今まで100円で買えたものが110円出さないと買えなくなる…自販機のジュースをはじめあらゆるものが時間とともに値上がりしていますよね。

しかし、受給できる年金額は平成に入ってからさほど変化はありません。ここ数年は受給額が下がっている年もあります。

さらに、受給した年金をすべて使えるわけではなく、社会保険料などで天引きされ手取り額はさらに下がります。

年々増え続ける税金や社会保険料の影響で、今後さらに自由に使えるお金は減るでしょう。

 

このように、物価の上昇と増税や社会保障の負担増などを考慮すると、老後不足する金額が2000万円というのは眉唾な話ではありません。

老後に向けて貯蓄、資産運用をしようと考える時には「インフレ率」「社会保障制度の移り変わり」などを考慮することが重要です。

 

難しくてそこまで自分で考えられない…という方はぜひみんなの保険屋さんへご相談ください。

職業や年収、家族構成などを考慮した最適なプランをご提案します。

ご相談はお近くの店舗へお電話いただくか、下のボタンからご予約下さい。

バナー画像