【郡山 保険】最新ニュース「セカンドオピニオン」《郡山フェスタ店》

更新日  2021/11/18

主治医とは別の医師の診察を受ける「セカンドオピニオン」は、主治医の診察に不安を覚えたことをきっかけに利用するケースが多いようです。複数の医師の診察を受けることで、患者が納得のいく治療法を見つけることができるといった利点もありますが、主治医との関係悪化を懸念する声もあります。

「セカンドオピニオン」が高いがんについては、がん患者が増えた事や、治療技術の進歩によって選択肢が増えたこと、民間の保険会社が『がん保険』の契約者へのサービスとしてセカンドオピニオンを実施していることなどから、認知度、需要が上がっています。

これは病気と向き合う上でとても大切なことです。受け身ではなく、自ら治療方針の決定に参加することで、今後の治療に前向きに取り組めます。特に、がんのように治療後の人生そのものを左右するかもしれない大きな決断となる場合などに、主治医から提案された治療以外に選択肢がないかどうかを探る目的でセカンドオピニオンを受けるケースが多いです。最も大切なのは、患者さん本人が納得して治療を受けることなので活用するのは問題ありません。

がんは身近な病気です。

納得のいく治療が見つかっても、治療費の負担・今後の生活費の負担があります。そんな不安を少しでも補うことが出来るのが「がん保険」です。

がん保険についてのご相談は「みんなの保険屋さん」へぜひご来店ください。

お待ちしております。

郡山フェスタ店  小川

バナー画像