【イオンタウン 郡山 保険】最新ニュース「がんの治療」

更新日  2021/11/18

 

一生涯でがんにかかる確率は男性65.0%・女性50.2%とおよそ2人に1人ががんになる時代です。

一方で、医療技術の進歩で生存率は上昇傾向にあります。

 

では、がんの治療はどのように変化しているのでしょうか。

 

現在、がんの主な治療は「手術(外科治療)」「薬物療法(抗がん剤治療)」「放射線治療」でがんの三大治療と言われています。

かつて、がんの治療は病巣を取り除く手術療法が中心でしたが、近年では治療技術が進歩し、放射線療法や化学療法も一般的に行われるようになってきました。
放射線療法は放射線を照射してがん細胞を死滅させる方法で化学療法は抗がん剤によってがん細胞を破壊したり、増殖を抑えたりする方法です。

 

手術療法では入院を伴いますが、放射線療法や化学療法は通院で行われるケースも多く、近年、がんでは入院患者数よりも外来患者数のほうが多くなっています。

 

通院で治療をする場合、治療費以外にも費用がかかります。近くに治療できる病院がないときや車の運転が難しい時は病院までの交通費や小さい子どもを預けながら治療に通うような場合は、一時保育代やベビーシッター代などの費用がかかります。また、通院期間は、がんの種類や病期により短期間から長期間までさまざまです。

がんの治療は精神的にも負担がかかります。費用の事を気にせず安心して治療に専念したいですよね。もしもの時に備えるなら「みんなの保険屋さん」までご相談ください。

イオンタウン郡山店 井上

バナー画像