【会津若松 保険】最新ニュース「私的保障」《ドン・キホーテ会津若松店(旧アピタ会津若松店)》

更新日  2021/10/29

万一の時に家族の生活を守る柱は、大きく分けて「公的保障」「企業保障」「私的保障」の3つあります。

今回は、この中の「私的保障」についてです。

主に、生命保険、損害保険、預貯金、有価証券(債券・株式・投資信託など)、財形貯蓄が挙げられます。

これらは公的保障や企業保障ではまかなえない分を補うためのものです。

私的保障の商品は多岐にわたりますが、それぞれの特性をよく見極めたうえで目的に合った手段で備えることが大切です。

例えば、「万一」のときの手段として最も準備している人が多い生命保険(6割以上)には、

 ・万一の際はあらかじめ定めておいた金額が確実に受け取れる

 ・相続対策として活用できる

といった面があります。

その一方で、将来にわたる保険料負担額が適切かどうかを考える必要もあります。

また、預貯金は比較的安全性が高く預入・払出が容易ですが、万一のときに必要な金額が準備できない可能性があります。

私的保障を考える手順は以下のようにすると良いでしょう。

①備える目的を明確にする

②私的保障以外(公的保障・企業保障など)の保障の有無を確認する

③必要保障額を決める

④私的保障の準備手段を選ぶ

当社ではお客様ごとに最適なプランを一緒に考えております。

詳しい生命保険のご相談は「みんなの保険屋さん」までぜひお越しください。

 

「期間限定 保険相談でミスタードーナツプレゼント実施中!」

ドン・キホーテ会津若松店(旧アピタ会津若松店) 窓岩

バナー画像