【郡山 保険】最新ニュース「債券にはいろいろな種類がある」《イオンタウン郡山店》

更新日  2021/10/02

ひとくちに債券といってもその種類は豊富です。たとえば発行体や、債券が発行されてから投資家の手元に渡る時期など、さまざまなカテゴリで分けられます。

≪発行体による区分≫

発行体というのは国、地方公共団体、民間企業など、資金を調達する主体のこと。誰が発行したかによって債券の種類が異なります。大きな区分けで言うと、国や地方公共団体が発行するのが「公共債」、民間の企業が発行する「社債(事業債)」、外国の公的機関や企業が発行する「外債」などがあります。なお、公共債のうち国が発行するのが「国債」、地方公共団体が発行するのが「地方債」です。

≪債券の発行時期による区分≫

発行体が新たに発行する債券を「新発債」、すでに発行されて投資家間で取引される債券を「既発債」といいます。

≪利払いによる区分≫

債券を保有している投資家には利息が支払われる旨、前述しましたが、このような債券を「利付債」といいます。しかし実は、保有期間中に定期的に支払われるのではなく、あらかじめ利息相当分を差し引いて額面金額よりも低い価格で発行される債券もあります。これを「割引債」といいます。

様々な種類があり沢山悩まれると思います、そんな時は色々とアドバイスをしてくれる「みんなの保険屋さん」まで!!

イオンタウン郡山店 竹内

バナー画像