【郡山 保険】最新ニュース「三大疾病の備え」《郡山フェスタ店》

更新日  2021/07/22

三大疾病とは、日本人の死因上位3位である「がん・心疾患・脳血管疾患」の3つの病気のことです。

他の病気に比べて入院日数が長引きがちで、身近な病気になってきています。

●がん
正常な細胞が、がん細胞に変化し、身体からの命令を無視して増殖し続け、周囲の組織や臓器を破壊し、機能不全などを引き起こす病気です。
●心疾患
全身に血液を送るポンプの働きをしている心臓の病気です。
●脳血管疾患
脳の血管に問題が生じ、脳がダメージを受ける病気です。脳内出血、くも膜下出血、脳梗塞が主なもので、この3つを合わせて「脳卒中」と呼びます。

心疾患や脳血管疾患はいずれも動脈硬化から起こります。

動脈硬化のリスク要因としては高コレステロール、高血圧、喫煙、糖尿病、肥満、運動不足、ストレスなどがあり、いずれも自分でリスクを下げることができます。

日頃の予防も大切ですが、医療保険での備えも大切です。

保険といってもどんな保険があるのかわからない方、

「みんなの保険屋さん」へご相談下さい。

分かりやすく、丁寧に提案いたしますので、安心してご来店ください。

お待ちしております。

郡山フェスタ店 小川

医療・がん保険に特化した専門サイトがオープン!

福島での医療・がん保険相談なら、福島 医療・がん.com

https://fukushima-hoken.com

保険の来店相談、オンライン相談のご予約はみんなの保険屋さん公式予約フォームをご利用ください。

https://www.fukushima-fp.com/soudan/