【郡山 保険】最新ニュース「独身でも保険は必要?」《イオンタウン郡山店》

更新日  2021/07/09

【おひとりさまは保険に入るべきか?】

独身者は既婚者に比べ、保険未加入の方が多い傾向があります。

20代~40代の現役バリバリで働いている方は、自分が大病を患うなどまだ想像できないかもしれません。

家族がいれば、収入が落ちたとしてもリスクは分散できるでしょう。

しかし、独身の場合は自分の貯蓄を取り崩すか、保険に頼るしかありません。

また、勤務先の保障制度の有無によっても、保険に入るべきかどうかは変わってきます。

長期療養が必要となった際に、家族の支えがあるか、会社がフォローしてくれるのか?

それらのサポートが無く、十分な貯蓄も無い場合は保険で備える必要があります。

 

【どんな保険に入るべきか?】

保険に入るとしても、既婚者とは入るべき保障は違います。

どんな時に、どれくらいのお金が必要となるのか?を正確に把握する必要があります。

例えば、自分がもし死亡したら、どれくらいの経済リスクがあるのか?を考えてみてください。

既婚者であれば、ある程度お金を残さないと、家族の生活水準が著しく下がってしまいます。

1000万円以上の保障が必要となるでしょう。

しかし独身の場合、最低限お葬式代さえ残せれば誰かに負担をかけることはありません。

では、病気やケガで入院、働けない状態となった場合はどうでしょう。

家族がいれば家族のサポートがあるでしょう。経済的にも負担はあるものの、ある程度は軽減できます。

独身の場合は全て自分でなんとかしなくてはいけません。

入院や手術費用に備える医療保障、長期の療養や障害状態に備える就労不能保障などを重点的に入るべきと言えます。

特にがんに対する保障は必須と言えます。

今や2人に1人以上の確率で罹患するがん。国民病とも言えます。

がんは他の病気と違い、治療に長い期間を要します。その期間中の治療費は高額になりがち。がん保障も重要です。

 

【保険加入は十分調べてから】

入るべき保険の種目は分かっても、保障金額や保障期間をどうすれば良いか?

それはその方の年齢、ライフスタイルなどによって正解は変わります。

ぜひみんなの保険屋さんでご相談ください。

社会保障制度、ライフスタイルなど様々な情報をもとに一人一人に合わせたオーダーメイドのプランをご提案します。

下記の予約ボタンより日時を指定していただくと、待ち時間なくご案内できます。

イオンタウン郡山 吉田

 

医療・がん保険に特化した専門サイトがオープン!

福島での医療・がん保険相談なら、福島 医療・がん.com

https://fukushima-hoken.com

保険の来店相談、オンライン相談のご予約はみんなの保険屋さん公式予約フォームをご利用ください。

https://www.fukushima-fp.com/soudan/