【郡山 保険】最新ニュース「新型コロナウイルスのワクチン接種と生命保険の関係」《イオンタウン郡山店》

更新日  2021/07/02

本格的に新型コロナウイルスのワクチン接種が始まりました。

一日でも早く収束する事を祈るばかりです。

 

ワクチン接種について様々な情報が錯綜し、その中には生命保険に関するものもあります。

「ワクチン接種で保険加入出来なくなる?」「ワクチンの副反応で保険が無効になる?」などなど…

心配されている方のために、保険会社の回答を紹介いたします。

※ここで紹介するのはあくまで一例です。全保険会社に適用されるわけではありません。

 

Q1 ワクチン接種すると保険加入出来なくなる?

A1 特に問題なく加入出来る会社がほとんどです。

保険に加入する際に、現在の健康状態や過去の既往歴を告知する義務があります。

ワクチンを接種した事自体を告知する必要はありませんが、副反応が出て医療機関での治療を受けた場合は告知する必要があります。

 

Q2 ワクチン接種で契約中の保険が無効になる? 副反応で入院・死亡した場合は支払われない?

A2 一般的にワクチン接種で保険が無効になる事はありません。

また、副反応で入院・死亡したケースで、支払いの対象外としている保険会社は現段階ではありません。

新型コロナウイルスは医療機関への入院以外にも、医師の指示で自宅療養・宿泊施設での療養の場合でも給付の対象となるケースがあります。

 

新型コロナウイルスは指定感染症に位置付けられています。ケガに備える傷害保険や、災害死亡などの対象となる事があります。

それぞれの保険会社によって判断が異なりますので、加入中の保険がどうなっているのか気になる方は、ぜひみんなの保険屋さんへご相談ください。

イオンタウン郡山店 吉田

 

医療・がん保険に特化した専門サイトがオープン!

福島での医療・がん保険相談なら、福島 医療・がん.com

https://fukushima-hoken.com

保険の来店相談、オンライン相談のご予約はみんなの保険屋さん公式予約フォームをご利用ください。

https://www.fukushima-fp.com/soudan/