【郡山 保険】最新ニュース「受け取り方による税金の違い①」≪イオンタウン郡山店≫

更新日  2021/04/10

契約者と受取人が同一、受け取り方法が一括受け取りの場合、「一時所得」という所得区分にわけられます。一時所得となった場合、増えた分(利益)だけが課税の対象となります。例えば、受け取った満期金と払い込んだ保険料の差が50万円以上にならないと税金はかかりません。
なぜなら、特別控除の50万円があるからです。受け取った満期金-今までに払った保険料-特別控除50万円=一時所得

※特別控除50万円というのは、一時所得全体の控除になる為、ほかにも一時所得となる所得がある場合は合算されます。

ですが一時所得となった場合は、税金はかからないケースがほとんどです。しかし、受け取った満期金と払った保険料の差が50万円以上ある場合でも、特別控除50万円を差し引き、それでも0円にならないとうケースもありますが、実際に課税の対象となるのは、その半分(1/2)となるので、税金として払う金額は少なく済みます。ただし、平成の初めの頃などの金利が高い時に加入した保険の場合は、払った保険料の倍以上増えるようなケースもあります。受け取りの際には注意しましょう。税金などに困った相談は「みんなの保険屋さん」まで!

イオンタウン郡山店 竹内

医療・がん保険に特化した専門サイトがオープン!

福島での医療・がん保険相談なら、福島 医療・がん.com

https://fukushima-hoken.com

保険の来店相談、オンライン相談のご予約はみんなの保険屋さん公式予約フォームをご利用ください。

https://www.fukushima-fp.com/soudan/