【郡山 保険】最新ニュース 「通信費の節約術」 《イオンタウン郡山店》

更新日  2021/03/19

来月から新生活を始めるという方が多いと思います。

引っ越し先、家具家電の調達、インフラの契約など…準備することが多いですよね。

 

ところで皆さんは通信費って月いくらかかっていますか?

3000円くらいの方もいれば1万、2万という方もいるのではないでしょうか。

そもそもいくらかかっているか把握してないなんて方も中にはいるかもしれません。

 

今日は新生活がスタートする前に、知って得する通信費の節約術についてご紹介します。

①格安SIMや大手3社がこの春スタートするオンライン専用プランなどを利用する

現在大手3社が提供する通常のプランを利用している方は、格安SIM(ワイモバイル、UQモバイル、楽天モバイルなど)やahamo、povo、LINEMOといった大手3社のオンライン専用プランなどに変更することで通信費を安く抑えることができます。

あまりデータ通信を利用しない方は、格安SIMの最安値プランにすると月額1000円程度まで抑えられますよ。

②端末はローンを組まず一括購入

スマホ=24回払いが当たり前のようになっていますが、一括購入が断然お得です。

24回払いにすると期間中の乗り換えができず、違約金が発生します。端末代も一括の方が安く済むので、なるべく分割は避けましょう。

出たばかりの最新機種は10万円を超えるものがありますが、1世代・2世代前のモデルであれば4,5万で買える場合がありますので、こだわりが無ければ前のモデルを買いましょう。

③自宅に固定回線を契約してWiFiを利用する

固定回線を契約し、家にいる間はWiFiでネットに繋げば、スマホのデータ容量を使用せずに済みます。

データ通信をほとんど家の中で利用する場合は、スマホのデータ通信容量を一番小さいプランにしても十分足りるはずです。

固定回線を契約する場合、利用しているスマホの通信会社とのセット割が適用されるケースがあります。

また、期間限定キャンペーンなどで工事費無料、端末無料といったものがあればぜひ利用しましょう。

今は通信会社が電気やガスといったインフラを提供している場合もあり、それもまとめることで大きな差がつきます。

 

節約で大きいのは通信費は保険料といった固定費です。食費や水道光熱費などは労力のわりにあまり効果が出ません。

みんなの保険屋さんでは保険の相談はもちろん、家計の相談も承っています。

お近くの店舗へご相談ください。

イオンタウン郡山店 吉田

 

医療・がん保険に特化した専門サイトがオープン!

福島での医療・がん保険相談なら、福島 医療・がん.com

https://fukushima-hoken.com

保険の来店相談、オンライン相談のご予約はみんなの保険屋さん公式予約フォームをご利用ください。

https://www.fukushima-fp.com/soudan/