【郡山 保険】最新ニュース「お風呂の入り方」《郡山フェスタ店》

更新日  2021/02/04

寒い日は特に温かいお風呂に入りたいですよね。

お風呂には正しい入り方があるそうです。

まずは、かけ湯。かけ湯は、心臓から遠い手や足の先から行い、徐々に身体をお湯の温度に慣れさせるようにするのがポイント。熱いかけ湯をいきなり肩などの心臓付近にすると寒暖差の影響が強くなりヒートショックを起こす可能性があるそうです。ヒートショックとは、急激な寒暖差が原因で血圧が急上昇し、命に関わる心筋梗塞や脳卒中などを引き起こしてしまう事。頭からかけ湯をしたり、直接湯船に入ったりするのも、血圧の急上昇につながる危険があるそうです。

最も健康効果の高いお風呂の温度は、40℃で10分間湯船につかる事。40℃のお風呂に10分入ると血液が全身を巡る事がわかっているため、疲労回復に効果的なのだとか。さらに、40℃のお風呂は高血圧や冷え性の改善にも効果だそうです。

良い睡眠をとるためには、寝る1~2時間前のタイミングでお風呂に入るのがオススメ。体温が下がって眠りやすくなり、質の良い睡眠につながるそうです。忙しい毎日ですが、お風呂の入り方を意識して気持ちのいい毎日を過ごせるようにしていきましょう!

保険の相談は「みんなの保険屋さん」へ!!

お待ちしております。

郡山フェスタ店  小川

医療・がん保険に特化した専門サイトがオープン!

福島での医療・がん保険相談なら、福島 医療・がん.com

https://fukushima-hoken.com

保険の来店相談、オンライン相談のご予約はみんなの保険屋さん公式予約サイトをご利用ください。
https://minhoke.resv.jp/reserve/calendar.php?x=1583994840