外貨建て保険とは メリットとデメリットを解説!

更新日  2020/12/04

様々な種類がある生命保険。

その中には、外国の通貨で運用されるものがあります。

「外貨建て保険」と呼ばれるこの商品は、毎月負担する保険料や、万が一の時に支払われる保険金が外貨となっています。

通常、保険料は月々5,000円、死亡時に1000万など単位は全て円で取り扱われています。

外貨建て保険の場合、例えば保険料が月々50ドルだった場合、1ドル=100円であれば5,000円、1ドル=90円であれば4,500円となります。

同様に、保険金が10万ドルだった場合、1ドル=100円であれば1000万ですが、1ドル90円であれば900万の保障となります。

このように、外貨建て保険は、為替相場の変動によって保険料の支払額、保険金の受取額が変動する特徴があります。

 

メリットは、日本円で運用される商品よりも、比較的安い保険料で大きな保障を得ることができます。

また、資産を円だけでなく外国の通貨にも分けることで、リスクの分散も可能です。

受け取るタイミングが円安であれば、さらに大きな受取額となります。

 

デメリットは、為替相場の変動によって受取額が小さくなる可能性があります。

他に、外貨に変換する際の手数料がかかる点、受取額の目処が立てづらい点が挙げられます。

 

保険には種類によって得意なことと不得意なことがあります。

「結局、自分はどの保険に入ればいいの?」

その疑問、みんなの保険屋さんで解決しませんか?

ネットの膨大な情報量から選ぶのは大変です。ぜひ専門家のアドバイスをご活用ください。

MEGAドン・キホーテUNY会津若松店 吉田

 

医療・がん保険に特化した専門サイトがオープン!

福島での医療・がん保険相談なら、福島 医療・がん.com

https://fukushima-hoken.com

保険の来店相談、オンライン相談のご予約はみんなの保険屋さん公式予約サイトをご利用ください。
https://minhoke.resv.jp/reserve/calendar.php?x=1583994840