妊娠前に医療保険に入る理由は加入出来なくなるリスクを避ける為

更新日  2020/10/24

民間の医療保険に加入しても、通常分娩だともらえる給付金はありません。また、通常分娩でも異常分娩でも、公的制度を考慮すると出産費用はそこまで高額にならずに済む事がわかります。それでも医療保険にかにゅうすべきだと考える理由は、妊娠・出産時に起こり得る病気などで今後も医療保険に加入出来なくなるリスクを避ける為です。例えば妊娠中に初めて発見される糖代謝異常で「妊娠糖尿病」というものがあります。妊娠糖尿病は、産後治る方もいますが、そのまま糖尿病の治療を継続しなければならない人もいます。一般的に、糖尿病の治療を受けている方は民間の医療保険に加入することは難しいです。つまり、妊娠中に妊娠糖尿病と診断を受け、出産後も治らなければ、医療保険に加入出来ない可能性があるという事です。そういう事態を避けるために「みんなの保険屋さん」は様々なアドバイスをします。保険相談は「みんなの保険屋さん」まで!!

イオンタウン郡山店 竹内

福島での医療・がん保険相談なら、福島 医療・がん.com

https://fukushima-hoken.com

保険の来店相談、オンライン相談のご予約はみんなの保険屋さん公式予約サイトをご利用ください。
https://minhoke.resv.jp/reserve/calendar.php?x=1583994840