不妊治療の保険適用

更新日  2020/09/26

菅総理が「不妊治療の保険適用」を打ち出し、注目が集まっています。

不妊治療の現状としては2017年に行われた調査によると、

治療を受けている方は2007年に比べ3倍近くになっています。

実はすでに不妊治療の一部は保険適用となっており、

タイミング法や排卵誘発法は自己負担3割となります。

また特定不妊治療費助成制度があり、条件等がありますが

治療1回につき国から15万円が助成されます。

実際にかかる治療費としては、クリニックにより異なりますが、

1回あたり数十万円から70万円近くまでかかることもあります。

助成制度の場合、自身で一度全額支払い、後日申請して振り込まれますので、

一時的とはいえ負担額は大きいものになる可能性があります。

保険適用となれば窓口支払いで、自己負担3割になりますから、

保険適用の拡大が重要ですね。また、保険による備えも必要です。

当店では不妊治療が対象となる保険の取扱もございます。

保険や資産運用など、些細なことでもご相談可能です。

まずは「みんなの保険屋さん」までお気軽にお問い合わせください。

アピタ会津若松店 阿部

医療・がん保険に特化した専門サイトがオープン!

福島での医療・がん保険相談なら、福島 医療・がん.com

https://fukushima-hoken.com