異常分娩は3割負担になる!

更新日  2020/08/22

出産方法が普通分娩ではなく異常分娩となることがあります。異常分娩とは医療行為が必要な分娩方法で帝王切開などがこれに当てはまります。異常分娩は医療行為を行う為、公的な健康保険が適用となり、手術料、投薬料、診察料、入院料は3割負担となります。ただし、複雑な処置が必要となったり入院が長期化した場合などは、さらに費用がかかってくることもあります。その為一般的な帝王切開であれば、最終的な自己負担は普通分娩と同額かプラス10万円ていどに収まる事が多いようです。医療保険に加入していればその分の負担が少なくなります。妊娠前には加入している事がおススメです。保険の相談は「みんなの保険屋さん」まで!!

イオンタウン郡山店 竹内

医療・がん保険に特化した専門サイトがオープン!福島での医療・がん保険相談なら、福島 医療・がん.com

https://fukushima-hoken.com