マスクの使い分けで快適に

更新日  2020/07/27

コロナでマスクが手放せない状況が続くなか、季節は夏に向かっています。

暑い毎日でのマスクを場所によって使い分けている方が多いようです。

スーパーや比較的人が多めのところは不織布マスクで、それ以外の場所は布マスクという形で使い分ける事です。人が少ないところでは、自分の飛沫を防げればいいので、通気性を重視。自作するなら、水に濡らすと冷たくなるタオルを使用したり、SNSで見かけた表地は綿素材、裏地には涼しい素材を採用するというのもいいですね。ただ、アパレルやスポーツメーカーが、どんどん夏用の機能性マスクを出してきているので、上手に活用していきたいですね。

保険の相談や保険の見直しはぜひ「みんな保険屋さん」へお越しください。

公式ホームページから予約が可能です。

郡山フェスタ店  小川

「医療保険・がん保険に特化した専門サイトがリリース! 福島での医療・がん保険相談なら福島 医療・がん保険.com」

https://fukushima-hoken.com