教育資金や老後資金はインフレを考慮する!

更新日  2020/07/13

貯蓄目的が教育資金や、老後資金の場合、生命保険を使って貯蓄することも有効な手段の1つです。生命保険の中には貯蓄できるタイプの保険があり種類は様々です。ただし、貯蓄が出来ると言っても、預貯金とは違い、右肩上がりで常に積立金額が増えていくわけではありません。基本的に保険料を払い込んでいる間は元本割れの状態で、払込が終了すると払った保険料よりも戻ってくる金額が増えるような仕組みになります。一般的に生命保険は、払込期間が1番短いもので10年というものが多いです。つまり、10年以内にやめると損をするという事です。また、教育資金や老後資金をいくら貯めたいかによって保険料も変わってきますが、その時はインフレを前提に貯める金額を考えましょう。インフレについての詳しい説明は「みんなの保険屋さん」まで!!

イオンタウン郡山店 竹内

医療・がん保険に特化した専門サイトがオープン!

福島での医療・がん保険相談なら、福島 医療・がん.com

https://fukushima-hoken.com