医療費の保障額は公的医療保険制度を考慮して考える

更新日  2020/07/05

公的医療保険では、治療費の3割を病院に支払えば良いことになっていますが、差額ベッド代や病院食代は全額自己負担となります。他にも、かかった治療費を全額自己負担しなければならない先進医療というものもあります。保険会社が販売している医療保険は、この様な公的医療保険ではカバーできない費用を補うために加入するものと考えましょう。具体的には、入院給付日額10,000円あれば安心します。なぜ10,000円あれば安心するかと言いますと・・・答えは「みんなの保険屋さん」まで!!

イオンタウン郡山店 竹内

「医療保険・がん保険に特化した専門サイトがリリース! 福島での医療・がん保険相談なら福島 医療・がん保険.com」

https://fukushima-hoken.com