介護保険の仕組みについて。

更新日  2020/07/03

公的介護保険の仕組みはご存じでしょうか。

公的介護サービスを利用できる年齢は40歳以上です。
公的介護保険は、市町村(東京23区は区)が保険者となって運営する社会保険制度です。
現金が給付されるのではなく、介護サービスそのものが提供される制度です。
40歳以上の人が介護保険に加入し保険料を支払います。

被保険者の範囲(公的介護保険が使えるのは40歳以上です)
〇第一号被保険者(65歳以上)
要介護状態になった原因を問わずサービスが利用できます。
〇第二号被保険者
要介護状態になった原因が初老期における認知症など、16種類の特定疾患に限り、サービスを
利用できます。つまり、事故などのケガによって介護が必要になっても介護保険は利用できません。

では、事故などで介護状態になった場合どうすれば良いのでしょうか。

「みんなの保険屋さん」では、介護保険をはじめ、就業不能保険など、仕事が出来なくなった場合の
リスクに備える保険相談を実施しております。

郡山フェスタ店 今泉

「医療保険・がん保険に特化した専門サイトがリリース! 福島での医療・がん保険相談なら福島 医療・がん保険.com」

https://fukushima-hoken.com