梅雨になりやすい病気

更新日  2020/06/27

梅雨は色々な病気を発症しやすくなる季節だと言われています。

私たちの体は多くの水分で成り立っているので、外気の湿度が

高くなると、体の中の水分を発散させにくくなり、いわゆる漢方で

いわれている「水毒」がたまりやすい時期で、免疫が落ち、病気に

なりやすいという事です。具体的には体のだるさ、食欲不振、下痢、

むくみ、神経痛、リウマチ、喘息などがあげられます。

未だ新型コロナウイルスも終息していませんので、より健康に

気をつけたいものです。また保険による備えも大切です。

なにかあってからでは保険の加入が出来ない、見直しが出来ない

なんて事態になる前に、いまの保険の内容を確認しましょう。

保険のご相談や疑問点など、お問合せは「みんなの保険屋さん」まで。

アピタ会津若松店 阿部

「医療保険・がん保険に特化した専門サイトがリリース! 福島での医療・がん保険相談なら福島 医療・がん保険.com」

https://fukushima-hoken.com