火災保険を選ぶポイント

更新日  2020/06/01

火災保険は、住まいや生活を守るためには大切な保険です。
火事や自然災害等で損害が出てしまった場合のリスクをカバーしてくれます。

これからの時期、安心して日常を過ごすためには欠かせないです。
とは言え、火災保険を選ぶ際、保険の対象や補償の範囲をどこまで選べば良いのか。
火災保険を難しく感じる方が多いのではないでしょうか。

そこで、保険選びのポイントをご紹介します。

①保険の対象を決める。

「建物のみ」「家財のみ」「建物と家財の両方」の3種類から選びます。

②保険対象の建物の構造を確認する。

M構造(鉄筋コンクリート造りのマンション)
T構造(鉄筋コンクリート造りの建物、鉄骨造りの建物、2×4工法の建物)
H構造(木造住宅)

③補償の範囲を決める。

基本補償は、火災、落雷、破裂・爆発、風災、雹災などの補償
オプションの補償は、水災、盗難、外部からの物体の衝突等々の補償

④保険金額の設定

保険の対象となる建物や家財の価値を評価した数値をもとに決めていきます。

⑤保険期間を決める

1年から最長で10年までの期間で決めていきます。

⑥地震保険み加入するか決める。

地震保険とは、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災、損壊、埋没、流失
による損害を補償する地震災害専用の保険です。

以上のことを決めていけば良いのですが、実際にはなかなか難しいですよね。

みんなの保険屋さんでは、そんな問題を解決します。

ショッピングセンター内にあるので、買い物ついでに相談可能です。

郡山フェスタ店 今泉

 
~福島市、郡山市、会津若松の生命保険、医療保険、がん保険、自動車保険、火災保険の相談・見直し窓口はみんなの保険屋さん~