増えたお金に対する税金のメリット

更新日  2020/03/11

保険で資産運用をした場合、増えたお金に対して他の資産運用商品よりもメリットがあります。一般的な資産運用では所得税・住民税として約20%の税金がかかってきます。100万円が150万円になったら、50万円の20%、約10万円の税金がかかってきてしまいます。ですが保険による運用ではどの様に税金がかかるのかと言いますと、一般的に保険で増えたお金は一時所得と呼ばれています。一時所得のメリットとしては、まず50万円までは非課税になります。また50万円を超えた部分に対しては、1/2に税金がかかる様になっています。そう考えると保険による運用の方がかかる税金も少なくなります。保険による資産運用相談は「みんなの保険屋さん」まで

イオンタウン郡山店 竹内

~福島市、郡山市、会津若松の生命保険、医療保険、がん保険、自動車保険、火災保険の相談・見直し窓口はみんなの保険屋さん~