【福島 保険】最新ニュース「続く値上げの動き」《イオン福島店》

更新日  2023/03/09

高病原性鳥インフルエンザの流行で鶏卵価格が高騰しています。

卵卸売り大手「JA全農たまご」(東京都)が公表する相場では、九州エリアの市場での標準取引価格(Mサイズ)は

8日時点で1キロ当たり345円で、2022年3月(189円)の約1.8倍に急騰。

23年3月に入っても福岡市の養鶏場などでは鳥インフルエンザで採卵鶏が殺処分されており、「供給量が元に戻るのは

早くても今秋以降だろう」(鶏卵業界関係者)という。

福岡県畜産課によると、ロシアのウクライナ侵攻に伴うトウモロコシなどの飼料価格高騰の影響で、養鶏場が飼養羽数を

少なくしていた中、鳥インフルエンザが追い打ちをかけた。鶏卵業界関係者は「九州は中四国や関西に出荷していたが、

供給減で九州内で消費されるようになった。

しかし、鶏卵が不足している地域から九州に買い付けに来ていることも高値に影響している」と話す。

県内では全74養鶏場で採卵鶏計約273万羽(22年2月現在)を飼育している。23年3月2日に鳥インフルエンザが

確認された福岡市の養鶏場では約24万3000羽を殺処分。22年12月に確認された糸島市の養鶏場の

採卵鶏約5万3000羽も合わせると、今季は県内飼養数の約1割が殺処分されたことになる。

養鶏場の防疫措置が終わった後、ヒヨコの育成などで鶏卵を供給できるようになるまで通常は約半年かかるとされ、

鶏卵の高値の長期化は避けられない状況だという。

「物価の優等生」と言われる卵の異例の値上がり、日々の生活に関わりのある食料品や日用品の多くが値上がりの

傾向にあります。

 

みんなの保険屋さんではFPの資格を持った専門のスタッフが保険の事のみならず、家計相談も承っております。

皆さまのご来店をお待ちしております。

イオン福島店 渡邊

 

初めての方限定!公式予約フォームからご予約いただいた方に限り、みんなの保険屋さんオリジナルグッズをプレゼント!

公式HPでの来店予約3つのメリット

①簡単3分で予約完了!24時間いつでも受付!

②待ち時間なしで優先的にご案内!

③「オリジナルトートバッグ」「生活に役立つ日用雑貨」などなどWEB予約限定豪華7大特典プレゼント!

公式予約フォームはこちら↓

 

ご相談希望の方はこちら

ご相談希望の方はこちら

top_bnr_hoken_03