【イオンタウン 郡山 保険】最新ニュース「この時期気をつけたいヒートショック」

更新日  2023/01/26

連日寒さが続いており、昨日はこの冬1番の寒さと言われました。

この時期というと暖房器具の消し忘れによる火災や、路面凍結による交通事故など

様々な事故への備えも、もちろん大切ですが、ヒートショックも気を付けなければいけないです。

ヒートショックとは…気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることで

この血圧の乱高下に伴って、脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞、脳梗塞などの病気が起こります。

平成27年には、交通事故による死亡者が4,117人であったのに対し、ヒートショックでは4倍超の17000人が

亡くなっています。

ヒートショックは暖房の効いた部屋から寒い脱衣所に移動し、湯船に浸かった時などに起こります。

暖房の効いた部屋から脱衣所に移動した際には、寒さで血圧が上昇します。

その後、浴槽に入ると、急に身体が温まるため、血管が広がり血圧が急激に下がります。

冬場は温まろうと長風呂になる方が多く、ヒートショックも多発します。

また、トイレも室温が低く、用を足す際に力む事で血圧が上昇、血管系の病気が発生しやすくなります。

 

では、多発するヒートショックをどのような対策が必要なのかというところですが

①脱衣所と浴室を温める事

脱衣所に小型の暖房器具を置いたり、入浴前に浴槽の蓋を開けておくことで寒暖差は少なくなります。

②浴槽の温度を低めに設定する事

41度以上から心臓への負担になるそうです。

38~40度のぬるま湯にしてじっくり温まることで負担は軽減します。

 

以上の二つを心掛けることでヒートショックのリスクは軽減されます。

まだまだ寒さは続きますのでしっかりとした対策を行いましょう。

イオンタウン郡山店 佐藤

 

 

初めての方限定!公式予約フォームからご予約いただいた方に限り、みんなの保険屋さんオリジナルグッズをプレゼント!

公式HPでの来店予約3つのメリット

①簡単3分で予約完了!24時間いつでも受付!

②待ち時間なしで優先的にご案内!

③「オリジナルトートバッグ」「生活に役立つ日用雑貨」などなどWEB予約限定豪華7大特典プレゼント!

公式予約フォームはこちら↓60.41.104.91top_bnr_hoken_03