【イオンタウン 郡山 保険】最新ニュース「入院短期化に対する備え」

更新日  2023/01/23

私たちが病気やケガで医療機関に入院した時の入院日数が昔と比べて短くなってきています。

短期入院の背景としては医療技術の発展が挙げられます。

1990年の調査では、平均入院日数が44.9日でしたが、2017年の調査では29.3日と

約30年で15.6日も平均入院入院日数が短くなっています。

しかし、これはあくまでも平均入院日数であって高齢になると入院日数は長引く傾向にあります。

従来の医療保険では、日額5000円、10000円といったタイプがありますが

入院日数が短期化している状況を鑑みると受け取れる給付金は減少傾向にあります。

そこで最近の医療保険では「入院一時金」といった日帰り入院から一時金でまとまった給付が受けられます。

入院一時金を付加することで治療費の備えはもちろんですが、入院中の収入の減少への備えにもなります。

 

現在加入している保険は最適な物になっているでしょうか。

少しでも不安がある方や、これから保険加入を考えたいという方

是非当店「みんなの保険屋さん」までお越しください。

イオンタウン郡山店 佐藤

 

 

初めての方限定!公式予約フォームからご予約いただいた方に限り、みんなの保険屋さんオリジナルグッズをプレゼント!

公式HPでの来店予約3つのメリット

①簡単3分で予約完了!24時間いつでも受付!

②待ち時間なしで優先的にご案内!

③「オリジナルトートバッグ」「生活に役立つ日用雑貨」などなどWEB予約限定豪華7大特典プレゼント!

公式予約フォームはこちら↓

60.41.104.91top_bnr_hoken_03