【イオンタウン 郡山 保険】最新ニュース「指定代理請求制度について」

更新日  2022/12/28

入院した時や手術した時の給付金、高度障害保険金、リビングニーズ特約保険金など

通常保険の対象になっている本人が受取人となります。

しかし、寝たきり状態や病名を知らされてないような場合には本人であっても請求できません。

指定代理請求とは、なにか特別な事情がある場合、本人に代わって指定した代理人が請求できるものです。

一般的には、「指定代理請求人」による保険金などの請求に関する特約を保険に付けている場合に代理請求できます。

指定代理請求人の範囲や、代理請求できる保険金・給付金の種類などは生命保険会社によってことなります。

あらかじめ、支払事由や保障内容を指定代理人に説明しておくことが必要です。

では、特別な事情とは何なのかですが

・傷害または疾病により、保険金等を請求する意思表示ができないとき

・治療上の都合により、傷病名または余命の告知を受けていないとき

等が挙げられます。

では、指定代理請求人は誰にしたらいいのかという点ですが

各生命保険会社によって指定代理請求人の範囲は異なります。

一般的には、被保険者の戸籍上の配偶者や被保険者の3親等内の親族とされています。

 

今一度ご自身が加入している保険に指定代理請求人はついているのか・誰になっているかを確認しましょう。

詳しい保険の相談は「みんなの保険屋さん」まで

イオンタウン郡山店 佐藤

 

初めての方限定!公式予約フォームからご予約いただいた方に限り、みんなの保険屋さんオリジナルグッズをプレゼント!

公式HPでの来店予約3つのメリット

①簡単3分で予約完了!24時間いつでも受付!

②待ち時間なしで優先的にご案内!

③「オリジナルトートバッグ」「生活に役立つ日用雑貨」などなどWEB予約限定豪華7大特典プレゼント!

公式予約フォームはこちら↓60.41.104.91top_bnr_hoken_03