【郡山 保険】最新ニュース「死亡保障はいくら必要?」《郡山フェスタ店》

更新日  2022/12/20

死亡した場合に支払われる死亡保険金は、保険会社や商品によって限度額は異なりますが、

数百万円~億単位まで自由に設定することが可能です。

死亡保険金額を多く設定すれば、それだけ死亡時の保障が手厚くなりますが、

月々の保険料も割高になるため、家計を圧迫してしまうおそれがあります。

そのため、自分や家族に必要な保障に合わせて、無駄なく死亡保険金を設定するために

死亡保障がいくら必要かきちんと試算することが大切です。

自分に万一のことがあった場合、最初に工面しなければならないのが葬儀にまつわる費用です。

葬儀費用は地域や葬儀の規模によって異なりますが、火葬場使用料や式場使用料を含む葬儀全体の費用の全国平均は約119万円です。

家族構成やライフステージによっても必要額は変わってきます。

自分にはいくら必要なの、はっきり分からなものです。

みんなの保険屋さんでは、必要な死亡保障額を計算し

ご提案までいたします。

無駄な保障額ではなく、必要な保障を検討ください。

郡山フェスタ店 小川

 

60.41.104.91

top_bnr_hoken_03