【福島 保険】最新ニュース「ひとは誰もが最後は1人の投資家になる」《イオン福島店》

更新日  2022/11/08

投資や経済についての著書も多い、作家の橘玲さんは、書籍「働き方2.0 VS 4.0 不条理な会社人生から自由になれる」で、「お金を得る」方法には二種類しかないと指摘しています。それはとてもシンプルで、自分の体を使って働き続けるか、または働いて得たお金を投資するか、どちらかしかないというわけです。

これは老後になっても同じです。
橘さんは「ひとは誰もが最後は1人の投資家になる」と指摘しています。

日本では「投資」というと、何かとんでもないギャンブルをしているように誤解される人がいるかもしれません。しかし、橘さんは、実は年金も、結局のところは、国家に運用を任せた広義の「投資」であると捉えています。「投資はしていない」と思いこんでいる人も、実は「年金」という名前で国家に運用をアウトソースしているに過ぎないと言うのです、と。
また多くの人が、その年金に全てを賭けているという事実についても指摘しています。

つまり、誰もが投資をするしかない。そして、投資家にならない限り、人間は労働から引退することができないということです。 最後はほとんどの人が労働能力を失う可能性があるため、最終的には全員が投資家になるわけです

資産運用のご相談は『みんなの保険屋さん」まで!!!

 

イオン福島店 竹内

 

給付金コラムバナー

top_bnr_hoken_03