【会津若松 保険】最新ニュース「生命保険の活用」《ドン・キホーテ会津若松店(旧アピタ会津若松店)》

更新日  2022/05/22

生命保険では、相続の発生時に非常に有効な手段といえます。

相続発生後のスケジュールを見てみると、被相続人の死亡後に相続が開始され、

通夜・葬儀、死亡届の確認、遺言書の有無、相続人の確認、遺産の評価などと続きます。

相続発生直後の資金を見ると、葬儀代やお墓の購入費などが考えられます。

その際に、被保険者の預貯金から上記費用に備えようとすると、相続発生後は

口座が凍結され、引き出しが一定範囲の金額に限られてしまいます。

これでは時間もかかり、必要な資金を確保するのには適していません。

また遺言書の有無などにより、遺産の分割には問題が生じるケースも少なくありません。

ここで生命保険の活用を考えます。

生命保険で備える死亡保険金は設定した受取人固有の財産となりますので、

遺産分割の対象とはならず、受け取ってほしい相手に渡すことが出来ます。

また、基礎控除枠がある点、必要な手続きを行えばすぐに現金化できる点など、

上記のようなケースには非常に有効な方法となります。

では実際にどのような生命保険に加入すればよいのか・・・

税金対策の方法、加入期間、保険金額、保険の種類の違いなどがわからない・・・

そんなときには是非「みんなの保険屋さん」までお問い合わせください。

下記ボタンよりお問い合わせいただけますと大変お得です。

ドン・キホーテ会津若松店(旧アピタ会津若松店) 阿部

バナー画像