【会津若松 保険】最新ニュース「がんを考える③」《ドン・キホーテ会津若松店(旧アピタ会津若松店)》

更新日  2021/10/27

がん治療の標準治療に放射線治療があります。

がん細胞に放射線を照射することで、がん細胞内の遺伝子にダメージを与え、がん細胞を破壊します。

放射線によってがん細胞以外の正常組織にもダメージがある為、回復を待つ必要があり分散して

複数回照射することが一般的です。その標準治療とは別に先進医療の粒子線治療があります。

がん細胞に集中的に照射可能で副作用が少なく、照射回数も少なくて済む為治療法の一つとして

非常に有効です。しかし先進医療のため費用が高額で、治療できる施設も限られています。

治療の技術料は約300万円と高額で、その費用の高さから治療を断念せざるを得ない場合もあります。

その際には医療保険などで付加できる先進医療特約が有効です。

保険会社により異なりますが、2,000万円まで補償の対象の場合が多く、その他一時金も給付されます。

自身の加入中の保険、これから検討する保険では注意して確認する事をおすすめいたします。

 

「期間限定 保険相談でミスタードーナツプレゼント実施中!」

ドン・キホーテ会津若松店(旧アピタ会津若松店) 阿部