【会津若松 保険】最新ニュース「女性の見直しタイミング」《ドン・キホーテ会津若松店(旧アピタ会津若松店)》

更新日  2021/10/12

女性特有の病気とは、どのようなものを言うのでしょうか。

これは、女性特有の臓器や部位の病気を指し、乳房・子宮・卵巣が該当します。

子宮筋腫や子宮内膜症、乳がん、子宮頸がん、帝王切開など。

とくに、女性特有のがんは比較的若い世代でもかかりやすいという特徴があります。

 

女性の大きなライフイベントに、「妊娠」「出産」がありますが、ときにそれが大きなリスクになる事もあります。

例えば、帝王切開や異常妊娠、異常分娩の場合、入院手術が必要になります。

 

通常の妊娠・出産は病気でないため保険の対象になりませんが、切迫流産や切迫早産、帝王切開、異常妊娠、異常分娩での入院や手術については、保険の給付対象になります。

帝王切開での出産は増加傾向にあり、逆子のため帝王切開で出産する場合もあれば分娩の途中でなんらかのトラブルがあり、緊急帝王切開に切り替える場合も。

 

 

妊娠がわかってから保険を検討・見直しをすると、今回の妊娠・出産に関しては保険の対象にならない事があります。

また、加入できる期間が「妊娠〇〇週まで」と制限されている場合もあり、これから妊娠・出産を考えている方は、できるだけ早めに保険を検討する・見直しをすることをおすすめします。

 

人生の中で、結婚・妊娠・出産と、男性に比べて女性のライフステージの変化はとても大きいと思います。

そのリスクに備えたい方、女性特有の病気に備えたい方はぜひ「みんなの保険屋さん」へお越しください。

 

「期間限定 保険相談でミスタードーナツプレゼント実施中!」

ドン・キホーテ会津若松店(旧アピタ会津若松店) 高久

 

バナー画像