【会津若松 保険】最新ニュース「認知症について」《ドン・キホーテ会津若松店》

更新日  2021/08/01

誰でも年齢と共に、もの覚えが悪くなったり

人の名前が思い出せなくなったりします。

そうした物忘れは、脳の老化によるものです。

しかし認知症は、「老化による物忘れ」とは違います。

認知症は、なにかの病気によって脳の神経細胞が壊れるために起こる

症状や状態を言います。

進行すると、だんだんと理解する力・判断する力がなくなって

社会生活や日常生活に支障が出てくるようになります。

 

認知症のうち、およそ半数は「アルツハイマー型認知症」です。

次に多いのが「レビー小体型認知症」、そして「血管型認知症」と続きます。

これらは、「三大認知症」と言われており

全体の約85%を占めています。

 

日本では、65歳以上の認知症の数は約600万人と推定され、

2025年には約700万人が認知症になると予測されています。

(高齢者の約5人に1人)

また、若くても認知症を発症することがあります。

65歳未満で発症した認知症を「若年性認知症」といい、

若年性認知症者数は、3.57万人と推計されています。

 

 

認知症に早期に気づき対応することは、

適切な医療や介護サービス・福祉サービスへのつなぎとなります。

また、本人やご家族の不安、混乱や戸惑いの期間を短くすることにも

大いに有効です。

認知症の効果的な予防法については、現在も様々な研究が進められていますが、

これまでの多くの研究では、運動週間や定期的な身体活動が

アルツハイマー型認知症を含む認知症の発症率を低下させることが

報告されています。

すでに発症したアルツハイマー型認知症患者の認知機能を改善する効果も

少数ですが報告されているようです。

その他に、睡眠時無呼吸症候群といった睡眠障害が

認知機能低下の発症リスクを高めるという報告も。

したがって、適度な運動、バランスの良い食事、良好な睡眠、

余暇活動を楽しむことを生活習慣に取り入れて

高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣病を治療することも重要です。

 

保険のご相談は「みんなの保険屋さん」まで

 

MEGAドン・キホーテUNY会津若松店 高久

 

医療・がん保険に特化した専門サイトがオープン!

福島での医療・がん保険相談なら、福島 医療・がん.com

https://fukushima-hoken.com

 

保険の来店相談、オンライン相談のご予約はみんなの保険屋さん公式予約フォームをご利用ください。

https://www.fukushima-fp.com/soudan/