【会津 保険】最新ニュース「もしもの時の備え・災害時」《MEGAドン・キホーテUNY会津若松店》

更新日  2021/02/14

今回の地震で、

家具が倒れケガをされた方もいるかと思います。

大震災が発生した時には、

「家具は必ず倒れるもの」と考えて対策を

講じておく必要があります。

 

家具が転倒しないように、壁に固定し、

寝室や子供部屋には、できるだけ家具を置かないようにしてください。

置く場合は、なるべく背の低いものを。

万が一倒れてしまった時に、

出入口をふさいだりしないよう向きや配置を工夫する必要があります。

そして、手の届くところに懐中電灯やスリッパを備えておきましょう。

 

電気、ガス、水道などのライフラインが止まった場合に備え、

普段から保存のきく食料などを備蓄しておきましょう。

飲料水や非常食、ティッシュペーパー類、カセットコンロなど

生活必需品を人数分用意しましょう。

大規模災害時は、「1週間分」の準備が望ましいとされています。

飲料水とは別に、トイレを流したりするための生活用水も必要です。

 

【内容の例】

・飲料水

・食料品(缶詰、カップ麺、チョコレートなど)

・貴重品(通帳、印鑑、現金、保険証など)

・救急用品(消毒液、包帯、ばんそうこう、風邪薬など)

・衣類、タオル、毛布、下着

・スマホの充電器、懐中電灯

・洗面用具、ホッカイロ、ウェットティッシュ

赤ちゃんがいる方は、おむつや粉ミルク、哺乳瓶も用意しておきましょう。

 

 

その他、局番なしの「171」に電話をかけると

伝言を録音でき、自分の電話番号を知っている家族などが

その伝言を再生できます。

 

このような自然災害はいつ起こるか分かりません。

分からないからこそ事前に準備をし、

対策をしていきましょう。

まだまだ余震が続くかもしれません。

もしものときに役立ててください。

保険のご相談は「みんなの保険屋さん」まで

 

MEGAドン・キホーテUNY会津若松店 高久

 

医療・がん保険に特化した専門サイトがオープン!

福島での医療・がん保険相談なら、福島 医療・がん.com

https://fukushima-hoken.com

保険の来店相談、オンライン相談のご予約はみんなの保険屋さん公式予約サイトをご利用ください。
https://minhoke.resv.jp/reserve/calendar.php?x=1583994840