尿酸値とはいったい何なのか

更新日  2020/12/06

尿酸値が高い = 痛風になる

というイメージが強くあるこの「尿酸値」とはいったい何なのか。

私たちのカラダは、古くなった細胞を分解し毎日新しい細胞に入れ替わっています。

古い細胞が壊されるときに出てくるのが「プリン体」です。

このプリン体は肝臓で分解され、処理されたあとにできる老廃物の事を「尿酸」と言います。

最後は、腎臓から尿に混じって排出されますが、何らかの原因によってこの尿酸が

過剰に生産されたり、カラダの外に排出する力が弱くなったりすると、

血液中の尿酸の濃度が高くなってしまい、高尿酸血症と呼ばれる疾患を引き起こします。

この疾患は、「痛風」に代表される色々な病気を二次的に引き起こしてしまいます。

(痛風のほかに、腎機能障害や尿管結石など)

ちなみにこの疾患は、圧倒的に男性に多い病気です。

これは、女性ホルモンには尿酸を排出する作用があるからだとか・・・。

 

高尿酸血症で引き起こされる代表的な疾患の「痛風」は、

その名の通り、風が吹いただけでも痛いと言われます。

痛風の痛みが起きると同時に、患部には腫れや赤みが起こり熱を持ちます。

大人でも耐えられない、立っていられないほどの激しい痛みを特徴とし、

痛みは強烈ですが1週間~2週間ほどでおさまります。

これを治ったと思って放置すると再発し、期間は人それぞれですが痛風発作が

繰り返されてしまいます。

慢性化してしまうと、関節が変形してしまったり、曲げにくくなってしまったり、

腎臓にも障害がおきるケースもあります。

 

予防策は、食生活や飲酒習慣の改善です。

お肉、魚介類の多量摂取は尿酸値を高めてしまいます。

お酒は、糖分を含む甘いものは特に尿酸値上昇へ大きな影響を及ぼします。

ビールには、尿酸値アップの悪役的なイメージがありますが、

ビールに含まれるプリン体によって作られる尿酸は全体の約20%程度。

実はそこまでの悪役ではなかったビールですが、喉越しが爽やかなので大量に摂取してしまう事が

多いので控えめにしましょう。

保険でも、尿酸の数値によって加入が出来ない保険会社も存在します。

痛風は、代表的な現代病です。

健康診断で尿酸値が高いと診断された場合は、そのままにせずに

医師に相談し毎日の生活習慣を見直しましょう。

保険の相談は「みんなの保険屋さん」まで

 

MEGAドン・キホーテUNY会津若松店 高久

医療・がん保険に特化した専門サイトがオープン!

福島での医療・がん保険相談なら、福島 医療・がん.com

https://fukushima-hoken.com

保険の来店相談、オンライン相談のご予約はみんなの保険屋さん公式予約サイトをご利用ください。
https://minhoke.resv.jp/reserve/calendar.php?x=1583994840