【郡山 保険】最新ニュース「こども医療費助成制度とこどもの医療保険の必要性」《郡山フェスタ店》

更新日  2021/11/15

こども医療費助成制度は
住んでいる地域によって子どもの医療費の助成金額が異なります。
例えば郡山市ですと
郡山市に住民登録があり健康保険に加入している18歳に達する年度の
末日までのこどもで
助成の範囲は、保険診療の一部負担金 (保険証を提示して受診した際に病院で払う2割・3割部分)・入院時食事療養費の標準負担額(入院時の食事代)。
また保険適用外のものは助成対象外はとなります(入院時の差額ベッド代など)
医療費面だけでみると公的な助成を活用すればあまり心配いらないかもしれませんが、万一入院をした場合、医療費以外のお金が必要になることもあります。
そんな時、医療保険へ加入していれば、
入院の際に給付金が受け取れ、公的医療保険や自治体の助成ではカバーしきれない費用を補えるため、いざというときのための備えが手厚くできます。
また子どもの将来の保険を準備しておくということもできます。
医療保険は通常、加入時に健康状態などについての告知が必要です。
将来保険に加入したいと考えたタイミングで
健康状態に問題があった場合、保険自体へ加入できない、
もしくは加入できても、特別条件を加えられることがあります。
子どもが小さいうちに医療保険への加入を済ませておくことは、
将来のリスクを回避しお手頃な保険料で保障を確保することにつながるかもしれません。
「みんなの保険屋さん」は大人だけでなくお子様の保険の相談もできますので是非お気軽にお問い合わせください。
郡山フェスタ店 生方

バナー画像