今から始める個人年金その②

更新日 2015/05/14

最近暑い日が続いてますねぇ~、もうね夏が我慢出来ずに急ぎすぎてますよ。

ちょっと落ち着いて。

そんなに焦らなくても、ちゃんと待ってますから。

先日イオンタウンの看板が東橋の所に設置されました☆

DSC_1445

いい感じです♪

どうもこんにちわ♪

今回は前回の続き行ってみます

 『公的年金と個人年金保険の違い』

 

総務省の家庭調査によると、高齢者世帯に必要な生活費は月27万円、ゆとりある生活を送るには38万円程(平成17年、生命保険文化センター調べ)必要と言われています。実際の公的年金は、モデル世帯でも月23万円程度で、貯蓄の切り崩などでやりくりしていることが多いのが実情です。

それでは、公的年金は頼りにならないのか?年金の加入・納付の記録漏れ、財政悪化など公的年金に対し不安がつのりますが、公的年金への加入は国民の義務であり、様々なメリットがあります。その一つが公的年金は全額社会保険料控除の対象となることです。

個人年金保険も最大4万円が控除されますが、公的年金は受取る時にも、公的年金等控除という特別な控除が適用されます。さらに公的年金には資金面をバックアップものとして国庫負担があり、事務費などがそこから賄われています。個人年金は保険料と運用収入だけで事務費などを賄うため、少なからず差が出てしまいます。

その上、公的年金は将来において物価高騰や賃金上昇となった場合、それに伴って年金額をスライドさせることになっています。すなわちインフレに対しての対応ができるのです。 やはり公的年金には、個人年金にはない多くのメリットがあるのです。

しかし、現実問題として実際の支給額だけでは老後が不安です。それだからこそ、将来に備えて対策を考えることが大切です。

今まさに注目されているのが生命保険会社や郵便局が販売している「個人年金」です。

 

そういえば昨日の夜、うちの子供がDSでマリオやってたんですけど、

 

ピーチ姫をね相当助けに行ってました。必死で。もう人ごみ、かき分ける感じで。

 

でもね、その一方でね、こうね、ちょっとね、思うよね。よぎるよね。

 

この子が年金をもらう頃ってどうなってるんだろう?って。

 

まあ~かなり先の話なんで、色々教えていこうかなと思います。

 

って事で今回はここまで。

 

次回まで待ちきれない人は徒歩じゃなくBダッシュの 急いできた感 とか

 

もうね、ヨッシー?とかに、乗ってイオンタウンまで来てください(笑)

 

イオンタウン郡山店  竹内