春風に誘われて・・・ついつい飲みすぎたー

更新日 2015/04/12

お花見、歓迎会・・・等々。
お酒を飲む口実が出来たー なんて喜んでいるのは自分だけでしょうか?
でも、必要以上の量を毎日飲み続けると・・・やっぱり気になるのが肝臓の数値ですよね。

そんな、肝臓を心配している皆さんへ。

今日は、γ-GTP についてちょっとだけ ため になるお話しをします。

まず γ-GTP とは、肝臓や腎臓、膵臓、血液中などに含まれており、GOT,GPTと同様に
タンパク質を分解する酵素のことです。この酵素は、毒性のあるアルコールや薬剤などが
肝細胞を破壊したり、結石やがんなどによって胆管がつまったときなどに血液中に出てきます。
という事は、健康診断などで数値が高いと指摘されたら肝硬変や肝がんに注意が必要です。
目安としては、100以上になった場合です。200以上になると詳しい検査が必要ですよ。
      ( e-ヘルスネット引用)
保険を考えている方は特に注意してくださいね。100以上になると保険加入が難しくなります。

そうならない為にも休肝日が必要ですね。
お酒の量を減らせば大丈夫・・・と思っている方いませんか?
お酒を毎日飲むということは、肝臓に休みを与えないという事ですよ。
皆さんだって、週に何日かは休み欲しいですよね。
肝臓にも、定期的に休みを与えてくださいね。だって自分の大事な身体の一部ですから。

そう言っている自分も・・・休肝日が必要です(笑)

しじみの味噌汁飲まないと・・・。

追伸。
最近アルコールとは無関係に、栄養過剰や肥満がもとでγGTPやGPTが上昇する、非アルコール性脂肪肝、非アルコール性脂肪性肝炎といわれる病気が増えてきており、注目されています。
                                   (e-ヘルスネット抜粋)

                                       郡山フェスタ店
                                       今泉 正人